認知機能について 軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment) 認知症 記憶のメカニズム 早期発見の重要性
個人受検ご希望の方 FAQ メディア情報 お問い合わせ
米国国立老化研究所が推薦する国際的な認知症診断基準CERADバッテリー10 word recallを基にに米国のMedical Care Corporation社が研究・開発したアルゴリズムに基づき提供される専門家以外でも行える認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の早期発見のためのツールです。
全米ではすでに50万件以上の検査実績があり、約2,500の医師により利用されています。

本テストは、すでに国際的に実績と評価の高いMCI-Screenスケールの日本語版です。
日本語版の開発に際しては言語学者も介入し、テストの等価性が保たれるよう配慮されました。
日本語版の精度検証は福岡大学山田医師グループにて行われ、英語版同等の96%の感度が確認され、日米両国で文献発表されています。

10分程度の質問形式で提供されるもので、テスト結果は結果では、MCIリスクの有無に加え、MPI(米国特許Patent No.: 8,202,095)と呼ばれる認知機能指数が対象者の性別、年齢、学習年数、人種、同年齢グル―プでの認知症発症率、テスト回答、回答パターンから人口統計学的に自動算出され0から100の値で表記されレポートとして出力されます。

本テストは、高いセキュリティ環境のウェブサイトへアクセスし、発行を受けたアカウント情報でログインすることで利用できます。
本テストを提供するオペレーターは、画面の指示やスクリプトに従い質問し、対象者の回答に合わせて規定のボタンをクリックするだけのため、テスト実施にあたって専門的な評価や判断は必要ありません。
(対象者は本テスト画面は見ていない状況です)







▼ 商品についての情報をさらに詳しく





あたまの健康チェック(MCIスクリーン)は認知機能の一般的な評価を提供することを目的とします。
認知機能に関与し得る病状または病気を診断する、あるいは、治療することを目的としたツールではありません。











ソフトウェアのインストールを必要としないウェブベースのプログラムです。
一般的なブラウザで動作し、PCだけでなくタブレット端末でも動作します。
従来のテストでは、それぞれの業務を人的に行う必要がありましたが本テストでは、それら業務を自動的に一元処理します。

【本テストの実施に必要な環境】
 ・インターネット回線
 ・パソコン(もしくは、タブレット端末)
 ・プリンタ
 ・個別に落ち着いてテスト実施のできる環境











▼ 商品についての情報をさらに詳しく





あたまの健康チェック(MCIスクリーン)は認知機能の一般的な評価を提供することを目的とします。
認知機能に関与し得る病状または病気を診断する、あるいは、治療することを目的としたツールではありません。



本テスト(あたまの健康チェック)を用いて集積されたデータは、高いセキュリティ環境でデータベースへ蓄積されており様々な分析への活用も可能です。





▼ 商品についての情報をさらに詳しく





あたまの健康チェック(MCIスクリーン)は認知機能の一般的な評価を提供することを目的とします。
認知機能に関与し得る病状または病気を診断する、あるいは、治療することを目的としたツールではありません。